who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

他人から見た私。

少し前に、UNIQLOのサーキュラースカートの白を買いました。

久しぶりにガーリーなもの買うから緊張したけど、結構使いやすいです。

 

いつもチノパンスタイルな私がこれを着ていくと

 

通りすがりにそのスカート良いねと言われる

 

いつもと雰囲気ちがうから気づかなかったと言われる

 

などの効果が出ました。

 

褒めてもらえるのは嬉しいですが、

それまでのイメージとして

わたしどんなことになってるんでしょうね。

 

 

ズボラ過ぎたかしらと反省する次第。

 

時には挑戦するのもよいですね。

オシャレ心が少し戻ってきつつある。

ぐち 金欠に気づいて不安定です。

家の賃貸契約の更新があったんですよ。

東京の賃貸えげつないよ、更新料家賃一月分ってなんなん。

 

ということで金欠です。

 

zaimというアプリを使ってるのですが、手持ちの種々のカードの現状を教えてくれて親切。

 

しかし、預金残高が減ると、クレカって来月のわたしから借金してる感じになってきますね。

現在のわたし、マイナス18万円。

 

引っ越したいけど、それも金と時間の問題でできませんでした。

家は快適なの!でもね、家賃がね、わたしには高いのよ…!

 

あとは、毎月5万越えする奨学金返済が、重い。

若気の至りな第2種は早く繰り上げで返し終わりたい。5個もあると月額がなかなかなもんになります。

 

冬に二件の結婚式にも誘われています。遠方なのでどんなに少なくとも20万はいるよね…

ほんとはドレス新調したいよね…。

 

本気で節約以外の道も検討しないといけないかな…

 

 

 

 

個別事象ではなく、大雑把でも真理の体系を作りたい。

同僚と哲学めいた話をするのが楽しい。

 

ケーススタディを貯めても全くテンションが上がらない私は、どうにかしてストーリーを一般化しようとするし、枠組みを可視化しようとする。

 

それは、世の中ではあまり興味を持たれないことなんだそうだ。

 

みんな、なにかを動かすドライビングフォースを知りたくないんだろうか。

なにかが動く、その特異点を見つめてみたいとは思わないんだろうか。

 

私はそこに興味がある。

 

そのためには事象からの一般化そして一般化からの事象理解、慎重で強かな一般化の修正を繰り返すしかない。

 

だから私はまずは大雑把に一般化しようとする。

そのための言語があるならば、学びたいと思う。

 

変化するこの世界の煌めきと美しさを、しっかりと見ていたいから。

 

 

 

頭が切り替わった。よし、休み明けだ。

 

 

幸せと課題解決

幸せに生まれてしまったなぁと思う。

 

美味しいものを食べて、程よく自然に触れて育った。

自然災害とはほぼ無縁の土地に育った。

水不足を経験したこともない。

周りの人は大概優しかった。

図書館に行けば本を読めた。

知ることを制限されなかった。

男女差別もほとんど感じずに育った。

学校に行けば、学びが提供されていた。

 

自由だった。

不足も、今思えばなかった。

 

何を目指せというのだ。

世の中を見ればたくさんの幸せとたくさんの不幸がある。

何に目を向けてもよい。

私は不幸に目を向けて、幸福にする方に向かっている気がする。

 

そんな事を、私はしたいだろうか。

 

私はただ、幸福を素直に幸福だと思う事を肯定したい。

 

成長を、純粋な喜びからのエネルギーで起こしたい。

 

それだけだ、それだけなんだ。

 

成長を、楽しみたい。

 

 

なのになぜ私は課題に目を向け、負からの脱却のエネルギーを使っているのだろう。

 

違うのに。

そうなりたいんじゃないのに。

自分コントロールの効力とだるさ

仕事の工数管理をやるようになりました。

いや、普通やるだろ、と思われるのかもしれませんが、プロジェクトが多すぎて諦めてたんですよね…。

だから、目の前に現れた仕事を片付けていく行き当たりばったり方式でした。

 

今回覚悟を決めて全ての仕事でWBSをつくって、工数みつもりました。

で、全部出せるようにちまちまとスプレッドシートを整えるという涙ぐましい作業もしまして、やっとかっと運営できそうな感じになってきました。

 

わかったのは、向こう三週間くらいは少なくとも見て動かないとダメだっていうこと。

逆にそれが見えてれば、後ろに回したりなんたりはできるわけで。

 

今日もずっとスケジュールとにらめっこしていたけど、作業はしなくてよかった。こんな土曜久々。

慣れてくればもっと工数見積もりは早くなるはずで、一年、2年先もだいたい見積もれるようになるはず。

 

自分のコントロールはこのくらい手間のかかることなんだなぁと思った。

感覚でできちゃう人はそれでよいと思うけど、そうじゃない人は泥臭く積み上げていくしかない。

パーソナル栄養士さんが実現する時代

パーソナル〇〇と言うものをつけてみたいと言う願望に襲われることが数多くある。

どうにもこうにも私はプロと言うものに弱い。

そもそも、形や完璧さにすぐこだわるので自分でやると本当に時間がかかる。そこでプロがこうするんだよと一言言ってくれたらどんなに楽かわからない。

 

特に、栄養士さんはかねてから欲しかった。自分の食生活が素敵じゃないのはわかっていたからだ。

 

そんな私の救世主みたいなアプリを見つけた。

App名: あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ、デベロッパ: WIT CO., LTD.

 

あすけんである。

多少食事の登録に難はあるものの、大体がコンビニご飯な私の食生活だとさほど問題ありません。

 

記録してみたら、ミネラルとビタミンが足りてなくて油取りすぎ傾向がよく分かりました。サプリメントで補充してますが、なんだか調子がよいきがする。

 

しかもこれ何がいいって、かわいい栄養士さんが褒めたり怒ったりしてくれるのです!!

 

定型文の数が多いだけでこんなにも自然なのか、と思います。

今後も進化してもっと使いやすくなってほしい。

 

コンプレックスとエチケットが一致すると辛い

ちょっと生々しい話を書くから、女性に幻想を抱いてる男子は読まない方が良いと思う。

 

 

 

 

 

さて、私の最大の身体的コンプレックスは、ムダ毛である。

 

処理しろよ!と思った皆様言い訳をさせてほしい。

 

剃刀負けするからシェーバーしか使えない。

シェーバーじゃ浅くしか剃れない。

そして翌日には生えてくる。

シェーバーでも若干荒れてるので、その上から剃るのテンションさがる。

綺麗な肌を荒らして、私は何をしているのか、と。

抜くにも量が多すぎる。

 

そんな黒々とした剛毛である。髪が細めの人とは太さ変わらないと思う。

全身に寝起きのおっさんのヒゲがあったら辛いでしょ。

脇に至っては毛が肉を刺しにくるからね。

 

この剛毛がために、私はスポーツをやる気がますます失せ(肌が見えるから)

半袖やスカートを避け(肌が見えるから)

海に行く気にもなれない(肌が見えるから)

毛がために服を選んだりきがえたりするのにものすごく時間がかかっています。

 

 

しかも、ムダ毛処理は、まぁ普通にエチケットなわけです。昨今の日本だと。

やってるけど間に合わない私は世に出るのもはばかられる気持ちになります。

自意識過剰だけどコンプレックスなんだ、仕方ないだろ…!

 

最近永久脱毛が安くなって来たのでマジで挑戦したいのですが、その安くなった2〜30万が捻出できずにうじうじしています。

奨学金で借金の恐ろしさを知り、給料がそこそこ上がるまではローン組む気にもなれない…

毎月残高足りてるか不安になる人が、美容に高額は出せませんよね。

 

しかしまぁ、毎週5時間以上はムダ毛処理&その悩みにもってかれてることを思うと、投資的にはもう出すべき時にあるのだと思います。

絶対無駄だもん。わたしの時間単価考えたら、もっとその時間で何か生み出せるはず!

 

ああ、思い煩いたくない!!

なんとか早急に、この悩みから解放されたいと思います。

金や。とりあえず金!(身もふたもない)

 

誰にも愚痴れない叫びでした。

もう15年は悩んでるよ…

 

エチケット費が支給されるようにならないかな。あったらみんな小綺麗に生きて行くのにな。(暴論)