読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

欲望による破壊

自分の欲を理解することが大事。

 

そう聞いてから、少しずつ欲を探している。

 

ずっと、少しずつしまいこんでいった私の欲たちを少しずつ、ほり出す。

 

美味しいものを、ゆっくり食べたい。

人がいて、適度に賑やかなところにいたい。

きれいな服を着たい。

美しくなりたい。

誰かと一緒にいたい。

かまってほしい。

思い煩うことなく、眠りにつきたい。

願わくばすべての人が、思い煩うことなく生きていてほしい。

 

 

ごくごく当たり前の欲望をあまりにもしまいこんでしまうと、行き先がわからなくなるんだな。

 

だけど掘り起こしても、持て余してしまう。

 

私は私に、欲があることを、許せていない。

しまいこんで、しまいこんで、しまいこんでなお強欲だと思っていた。

でも無欲を気取っていた。

 

強欲な、私。

 

欲を受け入れたら、多分今の私は壊れてしまう。

壊さなきゃいけないのだろう。

壊れたらどうなるかわからないから怖いのだろう。

 

 

休みの日、誰にも会わないからといつもより少し綺麗な服を着てでかけ、少し誰かに会うのを期待していた。

わたしの欲は、少しずつわたしを壊していく。

ほんの少しずつ。