読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

髪型について考える。

私は黒髪ロングですが、常にひっつめです。
何故って、邪魔だから。飾りもない、極太ヘアゴムでぎゅうっと結んじゃいます。爽快。しかし、ボロボロと飛び出すアホ毛は止めようがありません。

髪質はわかりにくい癖毛です。梳かしても、整髪料つけても、ストレートの人が梳かしてない髪みたいになります。そこらじゅうからボロボロいろんな毛が出てきます。紫のケープくらいしか私の髪を止められる奴はいないので、普段から可愛らしいヘアアレンジは無理です。ケープ嫌い。

ある日、何故か癖毛の落ち着いた日がありました。そこで久々に髪の毛をリボンがついたクリップでハーフアップにしてみました。
クリップでわしっと掴むだけです。ひっつめと労力は変わりません。

その日、たまたま会った後輩(男)に

なんか、よそ行きですね!

と、わざわざコメントをいただきました。
服装はいつも通りなのに。


髪型って大事だなぁと思った出来事でした。なんか小綺麗に見えるだけで、相当印象が違うようです。飾りついてるしね。
(普段適当で飾りっ気も無くて悪かったなぁぁ…泣)


そろそろ社会人。くせっ毛で纏まらないよーとか言ってられなくなります…見た目を気にしなくてはならんのは本当に難しいなぁと思う今日この頃です。