読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

自分を閉じ込めているのは自分

どうしようもなく愚痴が多くなって、今週は疲れ果ててしまった。

 

少し時間ができて、みんなが私の苦労話を聞いてくれるようになったのが原因だと思う。先週はどうにもこうにも何もうまくいかなくてフラストレーションが溜まっていたし、それを隠しもしなかった。隠す余裕がなかったのだ。なので周りがずいぶんと心配してくれた。

 

たくさん愚痴を言ったら、とっても惨めな気持ちになった。自分の悪いところがたくさんたくさんで見えてきた。相手に文句を言うときは、大概自分が半分以上悪かったりする。愚痴れば愚痴るほどそれを実感してどうにも悲しくなってしまった。

 

私は何がしたいのか、最近はもうずいぶんとわからなくなった。まぁもともとよくわからないから、こんなブログ名でやっているんだけれど。一つ一つの行動に、そんな自分の内面が現れ始めて結構辛い。

私がやることを留めて、自分を閉じ込めているのはほかならぬ自分自身だ。

いつからかわからないけれど、自分の好きなことや自分のやりたいことを素直にそのまま口に出すのは憚られるようになってしまった。意識して意識して意識して、自分のやりたいことをを外に出すようにしていたけれど、結局それって対外用に作られた私の欲望だった。

 

本当の生々しくて、アホで、幼稚な私の欲望は、なかなか外に出てくることがない。

この生々しさを出せるようになればもう少し楽になれるのかなあと、結局家でも仕事をしてしまいながら思うんだ。

 

最近ディスケ・がウデーレと言う言葉を思い出して、本当に大事だなぁと思う。

閉じ込められたところから出て、思い切り楽しみたい。