読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

わかったつもりで、わかっていないこと。

人に何かを伝えることは、あまり上手ではありません。

そう思いながら生きてきましたが、最近

伝えるのが上手い人って、そんなに居ないのではないか?

と、思うようになりました。

なぜなら、わりかし私も人に言われた事がわからないからです!

もちろん、理解力がないのかもしれません。しかし、稀に存在する伝えるのが上手い人って、難しい事でもちゃんとわかるように伝えます。


みんなが、伝え方があまり上手じゃないとするなら、次なる配慮が必要になります。

それは、わかるまで訊くことです。

私は何かを伝えたいとき、分からなかったら質問して欲しいと感じます。
だから、私もわかるまで訊きます。

この、わかるまで訊くという事が、難しい。
結局、分かったつもりになっている事が結構多いからです。やってみると、自分が全然わかっていない事に気がついたりします。

私が実践している、わかったつもりを防ぐ方法は、高速シュミレーションです。
仕事なら、工程をシュミレーションします。知識なら、誰かに教える事をシュミレーションします。

これが詰まったところで訊く。

これで、少しは改善してきました。

しかし、これは経験と頭の回転を要求する作業です。心掛けても、わかったつもりはなくなりません。

結局、わかったつもりのせいで間違えたとき、一番よくわかるのですね。失敗は、世の中を分かるためのチェックポイントなのかもしれません。