読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

私はゴミを着ているのだ

服を捨てながら思った事です。

小さい頃、服のほとんどはお下がりでした。長女だったけど知り合いの家の姉妹がめちゃくちゃお古をくれたのです。母は服代かからないし、趣味の合わない娘と喧嘩しながら買い物しなくていいしで助かっていたと思います。

母と趣味が合わないので、小遣いの中とか、服が足りない時に自己申告して自分で服を買う様になりました。買って貰ったものもちゃんとありますが、楽しい思い出とは言いづらいですね。どの場合も、安い服に流れやすくなります。

そんなこんなで貧乏性です。安い服万歳です。無印良品を愛用しています。
まだ着れる服は次に回したくなります。回ってきた服で育ちましたから、それが基準になってしまっているのです。

結果、気をつけても案外貯めてしまいました。
しかし、今回古着を売りに行って、目が覚めました。

毛皮がついたダウンや、ドレス、羽根のついたショール、トレンチコートといった高そうなもの(自分基準)を選んで、あとは袋の隙間を埋められるだけ埋めて、売りました。

その結果が160円です。何か一着が140円、のこりは重量計算で20円くらいでした。
  

高いと思ったものが、全然高く無かった衝撃。他のはさらに安いはず…

もちろん、古着は安く買い叩かれると知ってはいても、自分がいかに価値のないものを身につけているかを思い知る事になりました。


今後、安くて良い服を買うことをやめる気はありません。ただし、古くなった服やヨレてきた服を妙に大事にするのはやめようと思います。ゴミを見に纏う必要はないのです。対価分の価値を使い切ったら繊維資源としてリサイクルして貰えば良いのです。

今後、徹底してこれを推し進めます。
その為のシステム(とってもアナログ)も考えたので、実践したら報告します!