読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

ラッキーが、当たり前?な私の基本スタンス

三月末ギリギリまで仕事をする事になりました(自主的に)。どーも、ワーカーホリックの庭師です。

寒い街に来て三年。いい人にしか会わなかったし、ラッキーなことだらけだったなぁと思います。

f:id:iohls:20160323144747j:image
(道端のふきのとうは何度見ても感動する。咲いちゃってるけど。)


ただ、時々不安になります。


みんなよくしてくれたけど、私がしつこかっただけじゃない?
いいもの見つけたけど、わがまま言ってちょっといいものでも断わり続けただけじゃない?
周りの気持ち、無視し続けただけじゃない?


…たぶん、すべてが真実なんです。


私はわがままで、こだわりが強い。
それを周りにも強要するきらいがあります。

もちろん、気づいたらやめるのだけれど、気づかないことも多いんです。
だから、「こいつまじうぜぇ」って思っている人、多数かと思われます。


それでも、上辺だけでも、親身に付き合ってくれる人が居たことをありがたいと思おう。




そんなことを、さっき引っ越し屋さんの見積もりの電話に食らいつきながら思ったのでした。ニーズあってないからたぶん頼まないのに概算だけでも教えろとか言ってごめんよ、コールセンターのお姉さん…。何度も電話するの嫌だったんだよ…。いやはや、良い人でした。