読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

5年前、世界は変わったのか。

震災から5年目ですね。
私は、直接的な被害はほとんど受けなかったので、あの日、ただ呆然としていた事を覚えています。

春のうららかな日差しが差し始めていました。
周囲は、あまりにも平和でした。

あまりにも、できる事がありませんでした。
かつかつの生活費からだす募金は小銭程度だったし、遠い街にボランティアなんていけなかった。

デビュー戦だったはずの学会は中止になりました。唯一の被害。
残念な気持ちになりました。
それと同時に少しほっとしました。
発表は怖かったから。
でもほっとした自分を嫌悪しました。

それから、私の周りはいろんな事があって、遠くの町の震災のことは、みんなずっと心に引っ掛けながら、それでもふつうに時がすぎました。

あの時発表できなかった事を、リベンジする機会が作れなくて、私はこの世界を離れる踏ん切りがどうしてもつかなくなっていました。



そして、今、私は仙台に住んでいます。



あの日、私が思いを馳せながらも、来るだなんて思ってなかった街。

遠くの街、寒い街に引っ越す事を迷った時、あぁ、震災もあったしなぁ、と一瞬でも思ってしまった私。

やはり、その一瞬よぎった考えに嫌悪感を覚えた、小さな私。何もできない私は、せめて何事も無かったかのように振舞おうとして、今があります。

復興のことばがラジオから聞こえてこない事はなかった。
空港のそばの草原は、街だったのだよと聞いて言葉を失った。
たくさんの壁のひび割れ。
優しい人達と美しい街。


私は、被害は受けなかったけど、物凄く影響を受けてしまったんだと思います。
そんな人はたくさんいるだろうけれど。

少しずつ、みんな影響されて、世界は変わったのかもしれない。

人生万事塞翁が馬

一体何がどこでどう効いてくるかなんてわからない。
悲しい記憶を持つ人に、かける言葉ではないけれど。

結局私はリベンジできなかったけど、たくさんの良い経験のきっかけになりました。そればっかりは変えようのない事実です。

あの大きな、つらく、悲しい出来事が、結果的に世界を更に良くするきっかけだったと、癒えたのちに思えたら良いなと、願います。