読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

作文考 書いてあることって喋れない。

小学校で、はじめて作文を読んだことを覚えている人って居るでしょうか?

私はとっても覚えています。
書いた内容は覚えていませんが。


書くのが嫌だった記憶はありません。
しかし、それをみんなの前で読みましょうと言われた時、

私は全力で拒否した


のでよく覚えています。

たぶん、みんなの前で読むと思って書いてなかったんですよね。


その後も私は、他人の前で自分の文章が読まれることに抵抗があります。
そして、自分の文章を読むことにも。
自分の文が読むに値すると思えません。


そのせいだと自分では思っているのですが、私は書いてある原稿をそのまま読むことができません。
言い回しを変えたり、アドリブ入れたりしてしまいます。

プレゼンについては原稿の練り方が甘いだけと言われればそれまでですけど。


小学校、中学校の作文の授業は、もっと添削したり練り直したりと、自分の文章を良いものにする時間、自分の文章に自信を持てるようにする時間を設けても良いはずだと、文章を書くようになってから思いました。あと、声に出して読むのか、黙読かによる違いも教えたほうがいい。

せっかく美しい日本語を持ってるんだし、きちんと残るような教育であってほしいと思います。



あ、私は、ちゃんと自力で訓練します!泣