読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

疲れと老廃物とゴミ 部屋と机の上は私を現す

最近いつも疲れている私です。
本当は嫌なんですけど、今年は仕方がないと諦めています。理由があるのです。
一生に何度かは、消耗しきるのは仕方ないよなぁ、と思っています。

しかし、疲れてると本当に困る事があります。

部屋と机の上が散らかる。

散らかるなんてものは通り越し、汚部屋化します。
脱ぎ捨てた服、下着。
コンビニ弁当のクズ。袋。
溜まったペットボトル。
いつかのメモ。
出先で買ってきたものはそのまま。
外したピンが至る所へ。
掃除してないから積もる髪の毛の山、


ぞっとします。
一週間でさらっと、こうなります。


疲れていると、ちょっと片付けるのができないのです。
風呂にも入れないくらいだから、もう何もできない。

帰って、倒れて寝て、ふらふらと起き出してみためを誤魔化して外に出る。

不潔さが末期に。
惨めさは境地に。

これが続くと、生活効率及び仕事効率が非常に落ちます。

そもそもたくさんの物を所有出来ない、管理できない人間です。
それが汚い場所にいると、ずーっと探し物してるのです。
そのうち何探してたのかわからなくなったりします。疲れてるから。
仕事の順序立てもできません。

ある日、ぷっつん来て掃除と片付けに1日かけます。
それが、今日。

本当はやりたい事があったのですが、掃除してたせいでできませんでした。

非常に非効率です。


部屋と机の上は、自分の精神状態を表すと思っています。
やっぱ、調子が良い時は綺麗です。

ゴミのたまり具合は、私の中の老廃物のたまり具合に等しいのかもしれません。

最近結婚された堀北真希さんは、お掃除が趣味らしいですね。
何とも、すごい。
外見が本当に綺麗な方は、やはりお部屋も綺麗なのだなぁと思うのでした。
端々に目を配り、手入れする事の大切さ。
それができる人を尊敬します。


今日は掃除して、料理して、1日休んだので調子が良いです。
胃弱にお粥が沁みました。
部屋もピカピカ。
着る服もある。
(洗濯してなかったからずっと服不足だった)

毎日こんな部屋で過ごせたら、幸せだなぁ。
でも、毎回1日かけてるのはもったいない。

日々、疲れていても、掃除や片づけができる力を身につけたいものです。
そしたらもっと効率上がって、疲れにくくなるはずなんだ!

すべてのものはスパイラル。良くも悪くも。
方向を切り替えるきっかけは、今ここだと思おう。
何十回目かだけど、何十回だろうと思おう。