読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

お財布落としたので書類を断捨離してみた

お財布を落とした。

非常に残念である。

最近、ぽいっと携帯をわすれてきたり、財布を置き忘れたりする事が多くて危ないなーとは思っていたのだが、とうとう完全に紛失した。

疲れか、病気か。うむむ。

 

どうか帰って来てほしい物です。免許も入っていてですね。免許センター遠いんですよ、だるいんですよ。

でもまあ、なんとか友人に助けてもらったりして、そんなに日常生活に支障はでなかった。有り難い物だ。

 

しかし、カードの再発行とかいろいろ手続きをしようとしてうんざりした。

机の引き出しを二つも占領して、溢れ出している書類。

めくってもめくっても欲しい書類は出てこない。

ん、この転写用紙ってなに・・・?

というのが繰り返される。

引き出しを開けるだけでぐったり。

 

もともと、私は数多くの物を管理するということができない。

そして、小さい字のものが苦手だ。

視力が悪い訳ではないので不思議なのだが、受け付けない。

だから公的書類とか契約書を読むのは本当に苦痛である。

 

そのため、契約するたび、はがきが届くたび、

これ重要度わからん!

心配だから全部取っておけば間違いないわ!

ということでとりあえず取っておくのでひどいことになっていたのであった。

 

しかし、今回の緊急事態で明確になった。

全部取ってても何の役にも立たない!

ってか書類なんて無くても、企業側でなんとかしてくれるじゃないか。

 

ということで、良い機会だと思って一日かけて書類を捨てまくった。

出るわ出るわ、ゴミ。

 

結果、引き出し2つ分の書類がたった1冊のファイルに収まった。

ゴミ袋が1つ満杯になった。

収穫としては、やらなくちゃ行けない申請を一つ忘れていたのに気づいた。

あぶない、あぶない。

財布落としたのも悪い事だけではないようである。

 

机はすかすかになったけれど、他にも物があふれていているので、明日も大掃除になりそうだ。

 

断捨離というよりは捨だけしか実践できていないので、断と離もちゃんと実践できるようになりたい。

そうしたらもっと心に余裕ができて、楽になれるんじゃないかと、

そんな甘ったれた事を考えている。