読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

who are you?

自分が何者かになっていく過程の記録。題は梨木香歩著裏庭の中の台詞から。

1人である事、誰かといる事

わたしは1人で暮らしている。

気楽だ。

時に近くの人と関わる事もあるけど、プライバシーという一言でわたしは全てから離れられる。

久しぶりに、人と長い時間を過ごした。

自由にはなれない、面白くない話もきかねばならなかったりする。

わたしが私ではなくなる。
人の前ではどんなにリラックスしていても、1人の私とは異るものになるから。


それが、嫌なのか、いいのか、私にはまだわからない。

楽しくてめんどうな日が過ぎた。


私は人が好きで、私は人が嫌いだ。
私は私が好きで、私は私が嫌いだ。


私は人に影響を与えたくなくて、
与えた事がわかると嬉しい。

私は人に影響を受けたくなくて、
感化されて喜ぶ。

私はふつうの人間だ。
久々の1人は、少し寂しい。
元々1人だった事を思い出すから。